• HOME
  • サービス
  • SE構法 ご発注の流れ
耐震構法SE構法について
サービス
2021.06.09

SE構法 ご発注の流れ

SE構法をお使いいただく 際には、以下3つのフェーズと23のポイントがございます。
ここでは「B:構造計算ご発注(SE構法 構造検討開始)」の流れを説明しています。

構造計算ご発注 (SE構法 構造検討開始)

B-1.構造計算(ソフト料)ご発注

工務店様

構造がSE構法で決まりましたら、お送りしている概算⾒積書内の「SE構法ソフト料お⾒積書兼発注書」を下記の発注フォームに添付いただき、必要事項を記載の上、ご発注お願いします。
施⼯床⾯積が変更にならないプラン変更は、発注書内の⾦額で⾏いますので、ご安心ください。
※吹抜け⾯積の変更やバルコニー⾯積の変更など、施⼯床⾯積が変更になった場合は、改めて「SE構法構造ソフト料お⾒積書兼発注書」をお送りいたしますので、内容をご確認ください。

B-2.「構造計算依頼シート」送付

NCN

構造計算のご発注後に、構造に関わる詳細を確認させていただくために「構造計算依頼シート」をメールにて送付いたします。
現段階でわかる範囲内で構いませんので、「構造計算依頼シート」のご記入をお願いいたします。
※「構造計算依頼シート」受領後、弊社設計担当との打合せがはじまります。「構造計算依頼シート」は下記からもダウンロードできます。

B-3.「構造計算依頼シート」及び「地盤調査報告書」ご提出

工務店様

ご記入いただいた「構造計算依頼シート」を、NCN営業担当または設計担当までお送りください。また、基礎設計も⾏いますので、「地盤調査報告書」のご提出をお願いします。
※この段階で、地盤調査報告書がない場合は、構造計算依頼シート提出後でも構いませんので、地盤調査完了後に地盤調査報告書をご提出ください。
※「構造計算依頼シート」はできるだけ早めにご提出お願いします。

B-4.「構造計算依頼シート」確認、「羽柄材依頼確認シート」送付

NCN

「構造計算依頼シート」受領後、弊社設計担当が内容を確認し、不明点や確認事項をご連絡いたします。
弊社設計担当と詳細情報をお打合せしていただき、構造の最終確定をお願いします。
また、「羽柄材依頼確認シート」をお送りいたしますので、設計担当の⽅、または現場担当の⽅がご記入ください。
※軒先寸法や階⾼など共通仕様がある場合は、営業担当までご連絡下さい。御社共通の⽻柄仕様で対応いたします。
※「羽柄材依頼確認シート」は下記からもダウンロードできます。

B-5.上物承認(建物の承認)及び「羽柄材依頼確認シート」ご提出

工務店様

弊社設計担当とプラン変更などの打合せを随時していただき、最終の建物の形状がきまりましたら「上物承認」をお願いします。
また、お送りした「羽柄材依頼確認シート」にご記入いただき、弊社営業担当までお送りください。

B-6.基礎設計(基礎伏図) 送付

NCN

「上部承認」をいただいてから、基礎設計を開始いたします。基礎設計が完了後、「基礎伏図」をお送りいたします。

B-7.基礎承認

工務店様

お送りした「基礎伏図」をご確認いただき「基礎承認」をお願いします。

B-8.構造計算出荷

NCN

「上物承認」・「基礎承認」をいただきましたら、「構造計算書」の出荷を行います。(通常1週間程度)

B-9.計算後の構造材お⾒積書兼発注書、⽻柄材お⾒積書兼発注書をご送付

NCN

構造計算出荷後に
①計算後構造材お⾒積書兼発注書
②構造伏図
③アンカーベースお⾒積書兼発注書
④⽻柄材お⾒積書兼発注書
⑤⽻柄材伏図

をお送りいたします。
※「羽柄材依頼確認シート」を提出いただいていない場合 ⽻柄材お⾒積書提出できませんので、早急に「⽻柄材依頼シート」を記入の上ご提出ください。